物件の見学

学校情報を基に希望エリアを絞った我が家。
次はいよいよ具体的な物件の抽出作業です。

前回リアルターSさんとのミーティングで渡された物件情報の束(その数60件!)に
目を通し、その中から興味を持った物件の見学を申し込みます。
希望するエリアに対する我が家の予算は十分なわけでもないようで、
エリアをより好みすると、家自体にはやはりどこか不満な点が残るし、
家そのものの良さを追求すると学区の問題が出てきてしまいます。
よく不動産に掘り出し物はないといいますが、まさにその通りですね。
よほどの予算を設定しない限り、完璧な家というのはなかなか手に入りません。

図面や写真ばかり見ていてもキリがないので、
とりあえず興味のある物件の見学に出かけてみました。
平日の昼間だったので夫は会社、息子は学校。
そのため娘を連れて3軒はしごです。

物件番号1.
学区はまあまあ良い。ネットで見た写真も良い。予算内。
宿題で渡された60件のリストの中で最も気に入った物件なので期待大。
実際に見学に行くと・・・日当たりがめちゃくちゃ悪い。
内装も外装もコストカットのためかなり安い素材を使用。
キッチン、リビングは真っ暗で寒い。日当たり重視の我が家的にはアウト。

物件番号2.
1と同じエリアに建ち、ほぼ同じような部屋数、値段。
しかし現在のオーナーが家をあまり大事にしていないようで、
家の中は泥だらけ、傷だらけ、壁には穴。
リアルターもかなりびっくりしていて即却下。

物件番号3.
1、2と同じエリア内。外装はとても綺麗で素敵だったので是非とも見学したいと思っていたのだが、
マーケットに売りに出されて200日以上経過(平均は60日くらい)。
売れ残る理由が何かあるはずということでその日はパス。

物件番号4.
見学当日にリアルターが持ってきた物件。
市場にでてまだ5日。
学区は最高で、近隣地域もかなり評判の良いエリア。
築8年でワンオーナー。日当たり抜群。
しかし3ベッドルームしかないうえにボーナスルームが未完成状態。
(壁の木材がむき出しなので追加投資して完成させなければならない)

物件4に足を踏み入れた瞬間、私の中で 「これだっ!!!」 という
強い確信のようなものがありました。

こじんまりしていて明るく綺麗な家。

まさに私にとっての理想の家だったのです。

この日の午前中は私だけで上記3件の見学に行ったので、
午後に夫を連れて、最も気に入った4番の物件を再度見に行くことに。
さて、夫の反応は???

つづく・・・。


↓↓↓ご訪問ありがとうございます。励ましの応援ポチよろしくお願いします。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

by lovenc | 2013-04-16 13:20 | 家の購入